運動することで年齢の壁を越えよう

古代インド発祥のヨガと種類その他のトレーニング

古代インド発祥のヨガは、伝統的宗教であるバラモン教、ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教などと深く結びつきがあり、心身の鍛錬によって精神統一を目指す修行法でした。 1990年代後半から世界的に流行りだした現代のヨガは、宗教とはまったく切り離された、健康増進を目的にしたエクササイズとして行われています。

筋肉を鍛えて、自信をもとう

子供の頃はとても身体が弱かったという人も、おられることでしょう。 学校へ通学する頃から体育の時間が苦手だったという人もおられると思います。 学校や職場の部活でスポーツに興味をもち、もっと技術を向上したいと考える人もおられるでしょう。 筋肉がつけば、自然と元気になり向上心もあがってきます。

運動すれば、健康で美しくダイエットができます

美しく女性らしいボディスタイルは、どんな年代の女性も理想と考えることでしょう。 しかし、年齢を重ねるにつれ太りやすい体質となり、肥満体となりたくないと思う女性も多いはずです。 ダイエットは、食事制限をしたり、運動することで美しいスタイルが保持でき、筋肉ができれば太りにくい体質が得られます。

古代インド発祥のヨガで健康になろう

古くは紀元前前から存在していたといわれるインド発祥のヨガの修行形態は、森林に入り樹木の下などで精神統一などの修行をするものでした。
仏教の開祖であるお釈迦様も、ヨガを学び、仏教の中に取り入れています。
このヨガは中国を渡り、日本にも伝えられるようになった頃、「座禅」という形になりました。
本来の伝統的なヨガの目的には、心身の鍛錬を重ねることで苦行をのりこえ、肉体と精神の能力の限界を挑むことで神々と交信するための神通力を得ようと実践されたものでした。
現在の現代ヨガと呼ばれているものは、20世紀前半のインドで西洋の体操などのスポーツを取り入れて、インド人のための国産エクササイズとして作り上げられたものが起源だと言われています。
同じ「ヨガ」という言葉であっても、本来の伝統的なヨガと現代ヨガは全く別物といってよいでしょう。
それでは他のトレーニングもみてみることにしましょう。
トレーニングには、スポーツなどの種目において競技能力を向上させるために日々努力して行う行為と健康増進の保持に行う行為との2つにわかれます。
トレーニングの目的は違い、レベルが違っても、結果は健康的な身体を維持し、女性ならダイエットの効果を、男性なら筋肉アップの効果を得られることがトレーニングをする上でメリットがあるといえます。
トレーニングの中には、特別な施設がいらないものがあります。
ウオーキングやランニング、荷物の持ち運びもトレーニングの一環だといえます。
日々トレーニングをしている人と、何もしない人を比べると、全体的にみて日頃トレーニングをしている人が年齢よりも若く見える確率が高いと言われています。
トレーニングの種類を選ぶなら、あなたの目的にあったものを選ばれることをおすすめします。